• IBM製プリンター用のトナーの購入

    IBM製のプリンターはひと昔前までは多くの企業で使われてきました。

    当時は性能も十分でした。



    ただ、現代においては国内のプリンターメーカーが主流となっていますから、IBMのトナーを必要としている企業は少なくなっています。
    ただ、通販サイトではトナーが販売されていますから、それだけの需要はあるのでしょう。
    ただ、プリンター以上にトナーの価格は効果です。
    これは国産プリンターでも同じことです。

    本体の価格よりもトナーの価格が上回っているのです。



    通販サイトを見て見ればわかりますが、IBM用は定価数万円のところを実売価格は10分の1になっています。


    その理由はリサイクルトナーが大半であることも関係していますが、需要がないのかもしれません。

    いろいろな書類を作成する時にプリンターは必要となります。


    どれだけ文書の電子化が進んだとしても、紙への印刷がなくなるわけはないのです。

    検索でたくさん出てくる便利な通販サイトを利用すれば、どんなものでも簡単に入手できる時代となったのでしょう。



    今は使われなくなった製品の補充品でもどこかで販売されています。

    インターネットで検索すればすぐにわかるのです。IBM製のプリンターが使用されているのも、インターネットが活用できることと無関係ではありません。

    ハードウェアの進歩はインターネットの進歩に強い影響を受けていることになるのです。あなたの起業ではプリンターの補充はどのように行われているでしょうか。通販サイトを使うことの方が多くなっていることでしょう。